弊社運営レーベル所属アーティストのMV公開

アーティスト「iM」の楽曲「318ti」のMVを公開。

 

やりたいことをやろう!(自社物は)で始めた会社なのもんで

大っぴらにではなくインディーズレーベルも運営している。

 

所属アーティストは「iM」とデジタルアーティストの「MissK」。

 

当然弊社は映像とCGを主軸にしたデジタルコンテンツの企画制作に強い制作会社なので

MV制作はもちろん弊社1社で完結。

 

ま、アーティストの「iM」が、じんわり売れてくれればいい。

ってのが方針のレーベルなので、宣伝広告費もほぼ使わないしね。

っか、必要なものは全て自前で、タイムコストだけでゼロから制作できるからの話。

 

今ある楽曲分のMVが揃った段階で、最終契約をペンディングにしている

ネット配信のディストリビューターと契約書を交わしてネット配信する流れへ。

 

iM MV 「318ti」short version

iM MV 「318ti」short version from 168INC. on Vimeo.

 

Vimeoにチャンネル作って公開初めてNo宣伝で2週間。 引き続きNo宣伝な方針で。

 

次作のリリースは2月末を想定。 次はアニメーション。

 

使用ツール的に、初試みも多く制作までに時間はかかったが、かなり収穫のあった制作物。

 

Unreal Engine 4 なんて、このMVの為に初めて触った。

 

主に今回はレンダラー的位置づけで使った。

 

手になじんだとは言いがたいが、用途によって案件でも使えそうな印象。

 

用途の絞込みは重要。


場面によってはプリレンダーライクな絵だが、全般通しての印象は

ゲーム中のリアルタイムレンダリングライン。

 

プリレンダーライク全般でいくにはトライアンドエラーが必要。

 

であれば、今のところはコンプアップ前提にパスだしした素材でアプローチしたほうが早い。

色々後処理も柔軟だしね。

 

レンダリング以降をUnreal Engine 4一発ってのは厳しい印象。

 

案件の合間を縫って、どんどんトライ。

 

 

引き続き頑張ります。

 

アーザス。

 

スタッフM。